家づくりの備品のカテゴリ記事一覧

スポンサードリンク

カテゴリ:家づくりの備品

家づくりの備品のカテゴリ記事一覧。消費税が上がる前に家づくりをすることになりました。積水ハウス、セキスイハイム、大和ハウス、へーベルハウス、三井ホームなどの大手ハウスメーカーからタマホームなどのローコストメーカーの坪単価やお得情報から「上棟式」や「着工式」の情報まで載せていきたいと思います。

家づくりの備品
新築などの場合、ドアや引き戸の開閉が滑らかなせいか閉めるときに結構大きな音がしますね。ドアクローザー(引き戸クローザ―)を利用するのも手ですが、多少コストがか…

記事を読む

家づくりの備品
エコキュート家づくりで給湯機は必要な設備ですね。エコキュート・エコジョーズエネファーム・エコウィル・(エコフィール)と似たような名前のものが多いので、まとめて…

記事を読む

家づくりの備品
エアインシャワーは水の中に空気を含ませることで使用する水量を35%ほど節水するエコ商品です。節水のシャワーヘッドとしてはクリック機能付きのシャワーヘッドがある…

記事を読む

ドアの緩衝材 ソフトクッション

softc.JPG

新築などの場合、ドアや引き戸の開閉が滑らかなせいか
閉めるときに結構大きな音がしますね。
ドアクローザー(引き戸クローザ―)を利用するのも手ですが、
多少コストがかかります。

そこでドアの当たり止め(緩衝材)として、コストがかからず
目立たないものに「ソフトクッション」があります。

sfoft128circle2014.jpgsoft128trapezoid2014.jpgsoft128squ.jpg
(ソフトクッション:半球型、台形型、長方形型)

ソフトクッションは当たり止め・すべり止めの機能を発揮する
透明のウレタンクッションです。
大きさも1.6mmの小さいものから、16mmのものまで
幅広くラインナップがあり、コストも300円前後ですから
ドアの開閉音が気になる方はチェックしてみてください。

尚、この『ソフトクッション』
ホームセンターで探してもなかなか見つからず、店員に聞いても
『ソフトクッションが何のことか分からない人が多い』
ので結構苦労します。ですので、まとめ買いなら
ネットで注文したほうがいいです。

03012291soft.jpg

ホームセンターの店員に置いてある場所を聞くときには
『ドアの緩衝材』、『ドアの当たり止め』、
『ウレタンクッション』、『滑り止めの透明なもの』
などの単語を使うか、上記の画像を見せたほうがいいです。

 カテゴリ
 タグ

エコキュート・エコジョーズ・エネファーム・エコウィルの違い

eco215cute2104.jpg
エコキュート

家づくりで給湯機は必要な設備ですね。
エコキュート・エコジョーズ
エネファーム・エコウィル・(エコフィール)
と似たような名前のものが多いので、
まとめて要点を書いていきます。
画像は下にあります。

大雑把には
エコキュート:電気給湯機
エコジョーズ:効率の良い普通のガス給湯機
エネファーム:発電機に給湯機能を追加
エコウィル:ガス給湯機に発電機能を追加
エコフィール:効率の良いボイラー給湯機
(エネファームは基本的に発電機!)

エコキュート
深夜電力でお湯を沸かし、貯湯タンクに貯める給湯器
オール電化の家庭ではよく設置する。
サイズは大きい、補助金の対象

エコジョーズ
効率がいい給湯機。設置するとガス会社で
1割ほどのガスの割引が受けられる。
補助金は自治体によって受けられるところと
受けられないところがある。

エネファーム
ガスから電気と熱を作る。発電時に出る熱でお湯を沸かし
貯湯タンクに貯める給湯器(家庭用燃料電池)
家庭で使う電気の7割を発電(長時間発電)
コストが高い、サイズは大きい、補助金の対象

エコウィル
ガスを燃料にしたエンジンを動かすことで発電し、
その時でた熱でお湯を沸かし貯湯タンクに貯める給湯器
エコウィルはエネファームに比べ、長時間発電ができない。
お湯を作る過程で発電するので、
(ガスの)床暖房をつけないと効果は期待できない。
エネファームと比べてコストが安い
サイズは大きい、補助金の対象

エネファームとエコウィルの違い
エネファーム:発電メインで給湯する(長時間発電)。
エコウィル:給湯がメインで発電もする(短時間発電)。

エコジョーズ
eco215jyozu.jpg
エネファーム
ene215.jpg
エコウィル
eeco215will.jpg
 カテゴリ
 タグ

エアインシャワーとエアインクリックシャワーの評判

air20127intoto1.jpg

エアインシャワーは水の中に空気を含ませることで
使用する水量を35%ほど節水するエコ商品です。

節水のシャワーヘッドとしては
クリック機能付きのシャワーヘッドがあると思います。
現在では「エアインシャワー」にクリック機能が付いているものも
販売されていて、節水率は48%ほどになるようです。

エアインクリックシャワー

空気が含まれている分、圧力が強くないです。
これを心地いいと感じるか、物足りないと感じるかは
個人による部分が多いため、評価が分かれます。

ステンレスのエアインシャワーはヘッドの部分が高級感があるので、
インテリアとしても人気があるようです。
ヘッドの部分が大きいですが、実は重くはありません。

尚、説明書が同封されているので取り付けは簡単です。
 カテゴリ
 タグ
スポンサードリンク
カテゴリ
スポンサードリンク
最近の記事
スポンサードリンク
リンク集(姉妹リンク)
Copyright © ハウスメーカー、工務店で建てる失敗しない家づくり! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。