建物に関する知識のカテゴリ記事一覧

スポンサードリンク

カテゴリ:建物に関する知識

建物に関する知識のカテゴリ記事一覧。消費税が上がる前に家づくりをすることになりました。積水ハウス、セキスイハイム、大和ハウス、へーベルハウス、三井ホームなどの大手ハウスメーカーからタマホームなどのローコストメーカーの坪単価やお得情報から「上棟式」や「着工式」の情報まで載せていきたいと思います。

建物に関する知識
ヘルスコ・キュアーは、薬剤を使用せず木炭から生成した自然素材系の防蟻防虫塗料です。「微粉末木炭」と「天然鉱石」を配合した液状の触媒活性炭を床下に塗ることで、次…

記事を読む

建物に関する知識
建築業界では自然素材が注目されて10年以上経ちました。自然素材の中で近年見直し注目されてきている素材に珪藻土があり、主として壁材などに使われます。珪藻土は植物…

記事を読む

建物に関する知識
建築条件付き土地とは家を建築する業者が決まっている土地です。業者を変更することはできません。そんな建築条件付き土地のトラブルもあるようです。建築条件付きの土地…

記事を読む

建物に関する知識
中古住宅購入の注意点を良く知ろう消費税増税の関係で住宅業界はピークを迎えていますが、実はこの時期に狙い目なのが「中古住宅」です。そんな中古住宅を購入する上での…

記事を読む

建物に関する知識
新築にする際などに室内物干しは悩みますね。「ホシ姫サマ」と「ホスクリーン」のどちらにするかで悩まれている方が多いと思います。機能とスタイリッシュなら「ホシ姫サ…

記事を読む

建物に関する知識
在来(木造)軸組工法 「木の柱」と「はり」を組み合わせて建物の骨組みを作る 1.木材による調湿作用が高温多湿の日本に良い 2.設計の自由度が高い 3.容易に増改築で…

記事を読む

建物に関する知識
家を建てる上で「無垢材」にするのか「集成材」にするのか…は、悩むポイントだと思います。ここでは、メリット・デメリットを挙げて、少しでも参考になればと思っていま…

記事を読む

建物に関する知識
日本は環太平洋造山帯に属する地震大国です。そのため住宅の建築に対しても様々な地震対策がされていて「耐震」「制震」「免震」の3種類あります。現在の建築基準法では…

記事を読む

建物に関する知識
家づくりの形態が様々となってきました。近年では、自然に合った家作りが見直されてきています。そこで登場するのが塗り壁の素材としての珪藻土です。珪藻土も調べると奥…

記事を読む

シロアリ対策に ヘルスコ・キュアー

healthcoat.jpg

ヘルスコ・キュアーは、薬剤を使用せず
木炭から生成した自然素材系の防蟻防虫塗料です。
「微粉末木炭」と「天然鉱石」を配合した液状の触媒活性炭を
床下に塗ることで、次の効果を発揮します。
1.シロアリ対策
2.防腐効果
3.消臭効果
4.調湿効果
まとめると「防蟻防虫効果」と「床下空気の清浄化」ですね。
helth2013c0103.jpg

2helhel1214.jpg
(床下の黒い部分がヘルスコ・キュアー)

シロアリ駆除剤は薬剤使用が現在でも標準です。
シロアリに有害…ということは人間にも有害で
以前使用されていた「クロルピリホス」(chlorpyrifos)」
は平成15年7月1日の建築基準法で使用禁止になりました。
(このときホルムアルデヒドも使用禁止になっています)
しかし、薬剤使用がなくなったわけではありません。

シロアリの薬剤使用は床下に行われます(主に安価なもの)。
(タームガードなどの例外はあります。)
床下からの空気は、家の中にも巡ってきます、
それが健康を害する防蟻剤であると、空気が汚染され続けてしまいます。
この問題を解決する方法の1つが「ヘルスコ・キュアー」です。

helth2013d1117.jpg
 カテゴリ
 タグ

自然素材の壁 珪藻土(ホルムアルデヒドなどを含まない)

kei225sou2014do.jpg

建築業界では自然素材が注目されて10年以上経ちました。
自然素材の中で近年見直し注目されてきている素材に
珪藻土があり、主として壁材などに使われます。

珪藻土は植物性プランクトンが長年にわたり
海底などに堆積して石化したもので
「火に強い土として」昔から七輪や
耐火断熱煉瓦などに使われてきました。

珪藻土は建築施工上に利用する接着剤や塗装剤に含まれる
VOC (揮発性有機化合物:ホルムアルデヒド、トルエンなど)
を含みません。VOCは特有のにおいがあり過剰に吸い込むと
シックハウス症候群の原因になります。

また「壁自信が呼吸する」ため湿度を調整する作用もあります。
空気中の湿度が高いときは、珪藻土が湿気を吸収し、
湿度が低くなると放出します。
つまり、室内の湿気を快適に過ごせるように調整してくれます。

しかし、珪藻土は施工に手間がかかるため工期が延びることや
またクロスに比べて手間がかかる分、価格がおよそ倍になります。
また、珪藻土にも様々な種類があり、調整にすぐれているのは
北海道の一部で採掘される細孔がメソ細孔(メソポア)の珪藻土と言われています。

家づくりで珪藻土を取り入れる方は、
どこの産地なのかも確認されるといいと思います。
珪藻土であれば何でもいい…というわけではありません。

近年では「珪藻土クロス」という商品が発売されていますが、
珪藻土の性質をほとんど発揮しません。
あくまでインテリアの一種と考えたほうがいいです。

珪藻土
 カテゴリ
 タグ

建築条件付土地 解約 の違約金?

panapanajouk.jpg

建築条件付き土地とは
家を建築する業者が決まっている土地です。
業者を変更することはできません。

そんな建築条件付き土地のトラブルもあるようです。
建築条件付きの土地を約1000万円で購入したが、
その建物業者とうまくいかなかったので、
販売業者に土地の契約解除を申し出たところ、
違約金200万円を要求された、などが例です。

この場合は契約書に
「契約を白紙撤回する場合は土地の価格の20%を業者に支払う」
という記載してあったので、200万円の違約金…ということのようですが、
そもそも建築条件付き土地の契約は、建物の(請負)契約が結ばれて、
初めて土地の契約も有効となるもの
です。

そのため契約解除する場合は、土地の契約で支払っている
申込金等は無利子で返還することになっているので、
解約金を払う必要もありません

ですので、建築条件付き土地を契約するときは、
1.解約金を払う必要はないこと
2.契約を白紙撤回する場合はそれまでに払っているお金が戻ること
(土地の契約時に支払った印紙税などは除く)
をきちんと確認する必要があります。加えて
土地契約と建築請負契約を同時にしないでください。

次のような文を確認してください**********
「3ヶ月以内に買主が住宅を建築しないことが確定したとき、
または請負契約が成立しなかったときは、契約は効力を失い、
売主は受領済みの手付金等を含む全額を速やかに買主に返還する。」
 カテゴリ
 タグ

中古住宅のメリットとポイント(消費税、仲介業者/不動産業者)

toyosutock.jpg
中古住宅購入の注意点を良く知ろう

消費税増税の関係で住宅業界はピークを迎えていますが、
実はこの時期に狙い目なのが「中古住宅」です。
そんな中古住宅を購入する上でのチェックポイントを
記載していきたいと思います。

中古住宅購入のメリットは
1.売主が個人であれば「消費税がかからない」(注*)
2.住宅は住み始めた瞬間に価格が大幅に下落する関係で
 新築住宅よりも大幅に安く買うことができる
3.20年以上の住宅の価格は性能が良くても実質0円
  (土地代だけで購入することができる)

(注*)…売主が不動産業者の場合は消費税がかかります。
↓のデメリットを参照してください。

中古住宅のデメリットは
1.築浅(10年以内)であっても瑕疵担保責任や
 (薬剤による)シロアリの保証などが無い

 ただし、売主が不動産業者の場合は2年間ほどの保証が付きます。
 (その代わりに、不動産業者の場合は消費税がかかります。)
2.住宅ローンでは希望の額が借りられない可能性がある

購入の際避けたほうがいいのは、建売住宅です。
(大手ハウスメーカー、プレハブメーカの建売は除く)
…逆に、大手ハウスメーカー、プレハブメーカの建売で安ければおススメです。
近年では、エバーループやスムストックなど、充実してきていますが
中古物件の割には高いです。交渉の余地があると思います。

sum56stock.gif

物件を見学する際にチェックするポイントは
1.日当たりの関係(可能であれば朝・昼・夜とチェック)
2.シロアリの駆除の方法は何を使っていたか
  (薬剤系、)
3.断熱材(多分グラスウールだと思いますが・・・)
4.工法(在来軸組み、2×4、プレハブ、ユニット・・・)
5.地盤補強・改良はしてあるのか?改良の方法は?

中古住宅は保証の関係で新築の住宅以上に慎重にチェックをしないと
リフォームなどにお金がかかる可能性があります。
1つ1つ細かく販売社(販売業者)に聞いて、確認してください。
まともに答えられないようなら、業者自体を変えたほうがいいかもしれません。

親切かつ丁寧に相談に乗ってくれるような所を利用しなければ
希望通りの中古住宅を見つけることができませんから、
焦らず慎重に楽しみながら検討したほうがいいですね。
 カテゴリ
 タグ

ホシ姫サマ vs ホスクリーン vs PID4M

pid4m.jpg
新築にする際などに室内物干しは悩みますね。
「ホシ姫サマ」と「ホスクリーン」の
どちらにするかで悩まれている方が多いと思います。
機能とスタイリッシュなら「ホシ姫サマ」
安くてシンプルなら「ホスクリーン」

と言ったところでしょうか。この2点に加え
近年 GOOD DESIGN 賞を取り少しずつ人気が出てきているのが
PID4M(ピッド4エム)です。(以前はPIDでした)
gooddesign2014318.jpg

必要な時だけワイヤーを引っ張り出して使うもので
ホテルの浴室などに設置してあります。
コンパクトな割には結構ワイヤーが頑丈です。
以前のPIDは伸ばせる長さが最大で3.6mまででしたが、
PID4Mになり最大4mまでになりました。

さらに気になるのは価格だと思いますが、
「PID4M」は「ホシ姫サマ」と「ホスクリーン」に比べて
価格が安いです(設置費用も、安いです。)

pid219ex2.jpg
(クリックすると大きくなります)
pid218ex1a.jpg
(クリックすると大きくなります)

洗濯物の重さ(めやす)
PID4Mの最大荷重は10kg。
脱水後の洗濯物の重さは、乾燥時の約1.5倍になる。
・長袖ワイシャツ5着
・Tシャツ5着
・ジーンズ2着
・バスタオル3枚
・トレーナー3着
・スカート2着
合計約10kg(脱水直後)

*** PID4M ***
pid4m

*** ホシ姫サマ ***
ホシ姫サマ

*** ホスクリーン ***
ホスクリーン
 カテゴリ
 タグ

ハウスメーカーと工法

zairai.jpg

在来(木造)軸組工法
「木の柱」と「はり」を組み合わせて建物の骨組みを作る
1.木材による調湿作用が高温多湿の日本に良い
2.設計の自由度が高い
3.容易に増改築できる
4.県産材、木材利用ポイントなどの補助金場合あり
5.工期が長い(3か月〜6か月)
6.職人の技量によるバラツキがある


鉄骨プレハブ/ユニット工法
工場で大半のユニットを製造して現場で組み立てる
1.職人の技量にバラツキがでない
2.工期が短い(1か月と少し)
3.設計に自由度がない
4.敷地によっては建てられない


2×4工法(ツーバイフォー工法)
2×4インチの木材パネルで床、壁、天井をつくり箱形に組み立てる
1.気密性・断熱性に優れている
2.職人によるバラツキが少ない
3.工期が比較的短い(2か月〜4か月)
4.鉄骨、在来工法より安価
5.湿気に弱いので、こまめな換気が必要
(枠組壁工法とも呼ばれる)

1.木造軸組工法(在来工法)
住友林業、東日本ハウス、一条工務店

2.ツーバイフォー工法(枠組壁式工法)
三井ホーム、スウェーデンハウス

3.木質パネル工法
ミサワホーム、エスバイエル

4.軽量鉄骨系プレハブ
パナホーム、積水ハウス、大和ハウス

5.軽量鉄骨ユニット工法
セキスイハイム、トヨタホーム

6.重量鉄骨
へーベルハウス
 カテゴリ
 タグ

無垢材と集成材のメリット・デメリット(ムク材)

家を建てる上で「無垢材」にするのか「集成材」にするのか
…は、悩むポイントだと思います。
ここでは、メリット・デメリットを挙げて、少しでも参考になればと思っています。
尚、「ハウスメーカー」で家を建てる場合は基本的に「集成材」になります。
無垢材はそもそも扱っていないか、オプションになっている場合が多いです。

muku201411s6t.jpg
trap117ane2.jpg
無垢材:トライウッドパネル

無垢材のメリット
1.調湿作用がある
2.日々成長していく
3.木の匂いがいい。
4.接着剤を使わないのでアトピーやアレルギーの心配が少ない(子供の環境によい)

無垢材のデメリット
1.コストが高い
2.集成材に比べると、床が反り、狂いがある
3.きちんとした乾燥がされていないと、割れたり狂ったりする。
4.柔らかいので傷がつきやすい(杉、桧、パイン)
5.メンテナンスが大変


shu2014se116zai.jpg
white116wood2014.jpg
ホワイトウッド集成材

集成材のメリット
1.コストパフォーマンスに優れている
2.強度があり、狂いが少ない。(割れたりしない)
3.模様が均一で、反りが少ない

集成材のデメリット
1.使用し始めた日が性質のピーク
2.接着剤からVOC(揮発性有機化合物)が出る。
3.接着剤の耐久性能次第
4.組み合わされる木材の一つでも悪ければ、シロアリにやられる。
5.接着剤の臭い(VOC)がダメな人がいる(アレルギー)
 カテゴリ
 タグ

制震構造と制震ダンパー(シーカス、ミライエなど)

制震ダンパー

日本は環太平洋造山帯に属する地震大国です。
そのため住宅の建築に対しても様々な地震対策がされていて
「耐震」「制震」「免震」の3種類あります。

現在の建築基準法では特別な注文をしなくても
「耐震」性は確保されています。
ただし、建物の損害は無くても損傷の可能性はあるので
「制震」技術や「免震」技術を追加することで、
損傷を最小限にコントロールすることができます。

「制震」技術は、建物に伝わったゆれを内部に埋め込んである
ダンパーが緩衝していく仕組みです。
制震装置が組み込んである壁パネルなどが製品化されてきているので
費用の負担も少なくてすみます。
一戸建ての場合の価格の目安は100万円ほどで
メンテナンスの費用がかからないとされています。

シーカス
積水ハウス:地震動エネルギー吸収システムSHEQAS(シーカス)

住友ゴム制震ダンパー「MIRAIE」
住友ゴム:制震ダンパー ミライエ
 カテゴリ
 タグ

珪藻土 壁(メソポアの細孔)

家づくりの形態が様々となってきました。
近年では、自然に合った家作りが見直されてきています。
そこで登場するのが塗り壁の素材としての珪藻土です。
keisou21041219.jpg
珪藻土も調べると奥が深いですが、
家の壁として調湿能力があってよいのは
メソ細孔(メソポア)の珪藻土と言われています。
尚、珪藻土の細孔(ポア)は、大きく3種類です。

-*-*-*- メソ細孔(メソポア)-*-*-*-
2〜50ナノメートルの大きさの細孔
湿気を吸う○ 
湿気を放出する○

北海道の一部で採掘される珪藻土だけが、
細孔がメソ細孔(メソポア)のものが多いようです。
この珪藻土をメソポアの珪藻土と呼ぶこともあります。

-*-*-*- マクロ細孔(マクロポア) -*-*-*-
50ナノメートル以上の大きさの細孔
湿気を吸わない 
湿気を放出しない
一般的な珪藻土、ビールのろ過、土地改良財などに使う

-*-*-*- ミクロ細孔(ミクロポア)-*-*-*-
2ナノメートル以下の細孔
湿気を吸う○ 
湿気を放出しない
湿気を吸うといえば備長炭ですが
細孔が小さいのでミクロ細孔です。
湿気を放出する能力はほとんどありません。

尚、人間、建物にとって快適な湿度:40〜70%です。
メソポアの珪藻土は人間、建物にとって快適な湿度になるように
長室してくれます。

70%を超える…カビやダニが発生する
20〜40% …肌が乾燥する
20%未満  …インフルエンザなどのウィルスを増殖する

湿度40%以下…湿気を吐き調湿する
湿度70%以上…湿気を吸い調湿する

keisoudd12d.jpg
 カテゴリ
 タグ
スポンサードリンク
カテゴリ
スポンサードリンク
最近の記事
スポンサードリンク
リンク集(姉妹リンク)
Copyright © ハウスメーカー、工務店で建てる失敗しない家づくり! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。