daiwawannn.jpg

住宅メーカーでは戸建販売戸数1位の積水ハウス
ライバル視している大和ハウス
(アパートなどを含めた総販売戸数なら積水ハウスの次の2位です)
有名で安心な部分もある一方、価格がやはり気になります。
外張り断熱のジーヴォ(Xevo)も魅力的ですね。
様々な大手ハウスメーカーを見て回りましたが、価格交渉には、
ハウスメーカーの回る順番も結構ポイントになると思います。

今回は「大和ハウス」に焦点を当てて、交渉戦略を考えたいと思います。
(あくまで「契約前」の交渉で、参考程度にしてください。)

1.初めに回るハウスメーカーは「積水ハウス」に行きます。
可能なら「住まいの参観日」・「住まいの夢工場」などの
キャンペーンを狙うと尚いいです。
「住まいの夢工場」は地域にあるかどうかによって
行くことが可能、行くことが難しい
…があると思いますが、一見の価値はあります。
変わって「住まいの参観日」は定期的にやっているので、
テレビのCMなどをチェックしましょう。

ここでなぜ「積水ハウス」なのか?というと
住宅業界で着工数・売上(戸建販売戸数)がトップだからです。
大和ハウスを含む大手ハウスメーカーは
業界トップである「積水ハウス
の動向(特に、価格)を注目します。

2.積水ハウスで、十分な価格交渉をして、見積もりを出してもらってから[相見積]
(必ず、競合として「大和ハウス」を考えていると営業マンに伝える)
大和ハウスの家に回る…という行動をすると、いいと思います。

大和ハウスは中々値引きをしてもらえない
…という話もよく耳にして、それは真実だと思います。
しかし交渉戦略によっては、何百万円と割引できる場合もあります。
もちろん「株主優待5%値引き」以上の割引も
可能になることもあります。
私の知り合いでは2500万円弱の家を
200万ほど値引いてもらっていました。

当然、家が建つ時期に期末決算時期が重なるような設定で
営業所長などとコンタクトが取れれば、さらに値引きが可能になると思います。
 カテゴリ
 タグ