tpciricch2.jpg

手付金はどのくらい準備するの。
良い物件を探していてやっと見つかったのに、
手付金の準備ができていなくて、他の人に取られてしまった。
... こんな経験がある人もいると思います。

土地は縁のもの...なんて言われますからタイミングはとっても大切ですが、
いざ契約となったときにネックになるのは手付金、
つまりお金のこと... だと思います。
土地に関しては手付金の準備ができていないと、契約ができません。
契約ができないと他の人に取られてしまう可能性がありますから、
手付金の準備は必須になります。
では、どのくらいの費用を準備をすればいいのか?
気になると思いますので、ざっくり目安を書いていきたいと思います。
基本的には、
購入価格の5%〜10%
もしくは
50万円、100万円のような切りのいい数字
...が普通です。
具体的な数字50万円や100万円は地方都市
購入価格の5%〜10%は都会のイメージですね。

2000万円の物件のであれば、
手付金は100万円から200万円ぐらいが相場
になります。

契約後に、どうしても契約を破棄したい場合は、
手付金流しと手付金倍返しという方法があります。

手付金流し... というのは、買主が契約をやめる場合
支払った手付金を放棄してやめること... を言います。

手付金倍返し... というのは、売主が契約をやめる場合
買主さんより預かった手付金を返し、手付金と同額の金額を

買主さんに支払うことにより契約をやめることをいいます。
買主さんの手付金が少ないと、すぐに契約を破棄される恐れがあるので
売主さんは心配することになります。

また、手付金が少ないと、売主はもっと良い買主が見つかったとき、
手付金倍返しを利用して良い条件の他の買主と、契約することができてしまいます。
良い物件であればあるほど、それなりに手付金が必要になります。

契約時に大体100万円〜200万円ぐらいの手付金を支払えれば
売主さんも買主さんも安心になりますから、購入価格の5%〜10%、
もしくは100万円という一時的な費用を負担させるのだと思います。
売主さんも買主さんも、せっかく結んだ契約を

100万円〜200万円放棄してやめるということは、
このご時世、そうありませんね。
 カテゴリ
 タグ