造成地
土地を購入する際に参考となるお話です。。
私も、現在の土地を探すのに半年間も格闘していました。

(価格が安くて)良い土地には中々めぐり合えないし、
いいのがある…と思ったら、売れていたり…。
つくづく「土地はご縁のもの」と感じたりします。

そんなのときは、自分だけで解決しようとせず
ハウスメーカーや工務店に、希望の土地を伝えて
土地情報を持ってきてもらう!探してもらう!

というのも1つの手です。
ただし、何にも伝えず、とりあえず情報だけ
…という姿勢だと、自分の求める土地に出会えず
後悔することもあります。

そのため
ハウスメーカーや工務店に協力してもらうにも、
ある程度知識が必要になります。
ハウスメーカーや工務店では、不動産屋に掲載される前の
土地情報を手に入れることも結構出来ますし、
不動産屋を通さないで購入(仲介手数料無し)
なども可能な場合もあります。
上手くいかない場合は、家づくりのプロに力を借りるのも手です。

それ以外には「現在の売土地を安値で購入」
するための策があります。

前から気になっていても、価格が高くて手が出せない土地
はあるもので、意外と売れ残っていたりします。
そのような土地の売れない条件をついて価格交渉します。

プロの不動産屋さんを相手に価格交渉をするのは
なかなか難しい部分もありますが、
相手も売れない土地は早く売りたい立場!
策がないわけではありません。
周辺の土地の坪単価との違い!
細かい難条件(法規制、周辺の環境、接道条件)
などを調べて検討して安くしてもらったという例もあります。

ちなみに私はこの条件で、
土地の前が「42条2項道路」という条件が付いた道路で
売り手が見つからなかった…という土地だったので、
1.5割引ほどしてもらっています。
 カテゴリ
 タグ