fkatraku.JPG

フラット35を利用しようと検討している方にとって大切なことは
審査が通って利用できることですが、それ以上に大切なことは
「希望額を借入できるか?」だと思います。
時間をかけて審査に通っても、希望額に届かず
「契約を破棄する」可能性も普通にあります。

そこで、フラット35でどのくらい借入できるのかですが
フラット35では返済負担率というものが決められています。

(返済負担率)=(年間の返済額)÷(年間収入)

年収400万円未満:年収の30%以下
年収400万円以上:年収の35%以下


400万円をさかいに5%だけ違う…わけですが、
5%の違いで借入額が500万以上が変わってきます。
フラット35借入額

*** 返済負担率の計算例 ***
年収300万円、住宅ローンの年間返済額が75万円
75÷300=0.25(25%)

年収400万円、住宅ローンの年間返済額が130万円
130÷400=0.325(32.5%)

尚、平成19年9月31日までは
年収300万円未満:年収の25%以下
年収300万円〜400万円:年収の30%以下
年収400万円〜700万円:年収の35%以下
年収700万円以上:年収の40%以下
でしたので、現在は簡素化されています。
 タグ