youto.jpg

敷地に対して建物を何でも建てられるのか?
…というとそうではありません。
実は用途地域によって規制されています。
規制は次の12種類(区分)あります。

【住居系】
低層住居専用地域
1.第一種低層住居専用地域
2.第二種低層住居専用地域

中高層住居専用地域
3.第一種中高層住居専用地域
4.第二種中高層住居専用地域

住居地域
5.第一種住居地域
6.第二種住居地域
7.準住居地域

【商業系】
8.近隣商業地域
9.商業地域

【工業系】
10.準工業地域
11.工業地域
12.工業専用地域

このうち工業専横地域だけは
家を建てることができません。
工場の煙がモクモク…と出ている地域なので
好んで立てようと思う方もいないとは思いますが…。

用途地域は、住宅、工場、商店が混在しないように定められています。
ただし住居系である「住居専用地域」であっても油断はできません。
道路を挟んだ隣が「商業地域」になっていることはよくあります。
家が建て住み始めたら、向かいに「パチンコ店」が建設されることになった
…という例もよく聞きますので、周辺も調べる必要がありますね。

逆を考えると、昔工場があった準工業地域だけれども、
工場が閉鎖になり更地となり(開発)分譲地になっている土地
というのもあります。
用途地域の名目だけではなく、気になる土地があれば
実際に足を運ぶことも大切ですね。
 カテゴリ
 タグ