日本に住んでいると、何を買うにも消費税がかかると思ってしまいます。
当然、住宅、アパート等を購入する場合にも、消費税がかかります。
しかし実は、土地の購入には消費税がかかりません(非課税扱い)。
私も、土地を探しているときに初めて知りました。
そういえば「行列のできる法律相談所」の非課税の話で、
土地が出てましたね。

では、500万円の土地が500万円で購入できる!
…のかというと、そうとは限らないところがポイントです。
(500万円の土地を500万円で購入できるケースもあります
「個人間で土地を売買する」「ハウスメーカーが持ってる土地」など)
実は、土地を買う時には、ほとんど仲介業者(不動産屋さん)を経由します。
そのときに、仲介手数料(約3%+6万円)がかかります。
加えて「仲介手数料には消費税がかかる」のです。
このあたりが複雑で混同しそうですので、モデルケースを考えたいと思います。

***** モデルケース1 *****
土地の価格:500万円
仲介手数料:500×0.03+6=21万円
仲介手数料の消費税:21万円×0.05=10500円
合 計:500+21+1.05=522万500円

…を考えると、
500万円のものを買ったときに発生する消費税25万
…とあまり変わらないような気もしますね。

***** モデルケース2 *****
土地の価格:1000万円
仲介手数料:1000×0.03+6=36万円
仲介手数料の消費税:36万円×0.05=18000円
合 計:1000+36+1.8=1037万8000円
1050万円よりは、安いですかね??

ここに記載している仲介手数料の「約3%+6万円」は
不動産売買における仲介手数料の最高限度額(宅地建物取引業法)です。

正確には(↓の式は簡略の式です):
400万円<【土地の価格】 ⇒ 「3%+6万円」に消費税
200万円<【土地の価格】≦400万⇒「4%+2万円」に消費税
【土地の価格】<200万  ⇒「5%」に消費税
ですね。
 タグ