sekihai2015613.jpg
「積水ハウスの家は良い材料を使っているから割引が少ない」
と書かれている口コミがありますが、それは間違いです。
その理由を説明します。

例えば、積水ハウスの断熱材はグラスウールです。
グラスウールのメリットは「安さ」です。
安いから使うのであって、性能が高いから使うわけではありません。

次に木材ですが、ハウスメーカーでは
標準で国内の無垢材(自然素材)なんて使われません。
(無垢材はオプションです)
基本的には海外の集成材です。
それは集成材がいい素材だから…ではなく
「安い」からです。

では、積水ハウスに限らず、ハウスメーカーの家が高くなるのは何かというと
材料費ではなく宣伝費(広告、CM、モデルルーム)と人件費です。
(もちろんアフターサービスもしっかりとしているので、高くなります。)

テレビCMやネット広告などは数千万どころか億単位の費用がかかりますし
モデルルームも作るだけで数千万はかかり、年間維持費も数千万します。
それが積み重なっていって高くなるのです。

しかし、私はテレビCMやネット広告が悪いとは思いません。
CMや広告を使うことで「誰もが知っている!はブランド」となります。
「積水ハウス」の家というだけで、憧れる人はいっぱいいるはずです。
 カテゴリ
 タグ